家庭部
 家庭部は主に手芸や調理の活動を行っています。手芸の活動としてはぬいぐるみやクッション製作等、1人1人の個性を活かした作品製作を行っています。調理の活動は定期的に行っており、クリスマスやハロウィンなど季節のイベントに合わせたお菓子作りをしたりしています。また、オープンスクールでのクッキー配布や東陵祭での模擬店販売も毎年行っています。部員同士で協力し合いながら、様々な活動に取り組んでいます。
 
吹奏楽部
吹奏楽部は、吹奏楽から軽音楽(バンド)まで、幅広いジャンルで活動し、吹奏楽コンクールや本吉支部総合文化祭、宮城県地方音楽会inけせんぬまへ出場・出演した実績があります。また、グループホームへの訪問演奏、気仙沼市民会館まつりでの演奏など、校外での発表もあります。楽譜を読むのが苦手でも、楽器に触れるのが初めてでも大歓迎です。一緒に楽しく活動しましょう!
 
 
科学部
飽くなき真理の探究

 果てしなく広大な宇宙、永遠に続く時間の中に私たちは生きています。私たち科学部は、その中に潜む普遍的真理を求めて探究を続けています。

 2017年には、岩手・宮城を横断する計画「リニアコライダー」を高校生の視点から、その内容、経済的波及を含めて探究をしました。中学生の皆さん、オープンスクール等で科学部を見学にいらして下さい。

美術部
 美術部は、主にオープンスクールや各種美術展に向けての作品づくりを行っています。特に気仙沼・本吉地区の高校の美術部が集まり、リアス・アーク美術館で活動の成果を発表する「けせもい展」に向けて頑張っています。デザインやイラストが得意な人も、静物画や風景画が得意な人も、自分が表現したい対象にしっかりと向き合い、各々が自分の個性を表現するべく、日々の活動に取り組んでいます。
 
新聞部
 新聞「学舎東陵」をパソコンの専用ソフトで編集・発行しています。本校の紙面割り付け技術や企画力は評価が高く、先輩たちは2年連続で全国大会に出場した実績もあります。取材力を生かし、東陵祭では地域の調査をして発表しています。恒例の他校新聞部との合同研修のほか、昨年は新聞社を訪問して現場を見学させてもらい、アドバイスも頂きました。私たちの目標は、全国新聞コンクールでの入賞と各種行事での速報版発行です。
 
書道部
 書道部は、様々な書体を身につけ、字の組み合わせや表現方法を工夫し、さらに納得のいく一枚を仕上げることを目指して頑張っています。活動目標の一つは、展覧会への作品応募です。近年は川開書道展や全国書きぞめ作品展覧会への応募を行っています。もう一つの目標は、オープンスクールや本吉総合文化祭に展示する書の制作です。半紙や条幅での作品だけではなく、書を施したTシャツやうちわなどの変わり種の作品を作り、様々な書の表現にチャレンジしています。